ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人(はてな出張版)

アニメやゲームの感想を通じて多くの人と繋がっていくのが目的のブログ。火・金と「ねとらじ」にてアニメ感想ラジオも放送してます。今期はFate/Apocrypha、メイドインアビス、賭ケグルイが中心

(アニメ感想) 六花の勇者 第12話 「解明の時」

六花の勇者 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

いよいよ最終回でございます。長文になりましたが、グダクダと考察してみました。これより先はネタバレも含みますのでご注意ください

<あれ?結界発動の儀式ってアドレットがいないと成り立たないものだった?>

犯人が確定しました。七人目は大方の予想通り、ナッシュタニアでありました。なるほど結界の祭壇での一幕には意味があったわけです。

全開の感想でも触れましたが、取り乱したふりをして石板を破壊したのは、結界の発動か証拠隠滅のどちらかであると考えていましたので、やはりと言う感じです。

しかしここで疑問だったのは、アドレットが結界解除の方法として行ったことが実は結界発動の一連の儀式の一つであったのですけど、これはナッシュタニアの意図したものだったのですかね?

となるとアドレットが宝剣を握って血を滴らせるという行為と姫の石板破壊という連携によって結界は発動したことになりますが、アドレットがそのような行動を取るとナッシュタニアはなぜ予想できたのでしょうかね?

もしくは、宝剣がすでに刺さっていたので血を滴らせる儀式はナッシュタニアがすでに済ませていたのかもしれませんけど・・・。ただこれらの一連の儀式は同時に行わなければならないとなるとまた話しが違ってきますね。ともかく少し不思議でございました。


<七人目はなぜハンスを警戒し、ゴルドフは何を言ったのか?>

しかしナッシュタニアはなぜハンスを警戒していたのでしょうね? アドレットはお人よしだし、モーラは脳筋、チャモは基本他者に興味を示さないし、ゴルドフは姫に夢中、フレミーは精神不安定だし・・・あっ確かに役に立ちそうなのはハンスしかいない。

実際、アドレットは信じられると真っ先に確信したのはハンスでしたし、最終的には予備の石板まで探してきた。野生の勘の鋭さだけでなく、合理性も兼ね備えているんですよね。それはおそらく殺し屋という職業上培われたものなのだと思います。

モーラの場合も合理性を遵守しようとしていますが、残念ながら思考の柔軟性はないのですよね。それゆえにアドレットが犯人だと思い込ませると、何を言われたってアドレット犯人説に結びつけてしまう、ミスリードを先導する存在として機能してしまったわけです。まさにナッシュタニアの思惑通りだったのでしょうね。


そしてナッシュタニアのセリフで一つ気になることがありました。本来彼女はゴルドフに全てを打ち明けるつもりだったが「あんなことを言ったからやめた」と話してしましたね。「あんなこと」とは一体なんなのでしょうか?

もしかするとこれまでの回でそんな言葉が聞かれていたかもしれませんが、残念ながら失念していまして・・・。まあしかし、姫に言われた瞬間ゴルドフが頬を赤らめていたところから察するに、きっと恋愛がらみの発言なんでしょう。

でもその発言を聞いて、ナッシュタニアが連れていく気がなくなったというのは気になりますね。直球で「結婚してくれ!」と懇願したとか?しかし、姫の反応からしてゴルドフが後ろめたさを感じるような発言だったのかもしれません。

だとしたら、アドレットへの嫉妬心を露わにするような発言だったのか・・・うーん二人のみぞ知るといったところですね。


<ナッシュタニアの理想は国家の戦略?それとも個人的な想いが動機なのか?>


今回犯人が確定したことでむしろ謎が深まりました。原作既読者の話しによると今回までのお話しで一巻分、そして原作の方は現在六巻まで出ているらしいので、そういう意味ではアニメ1クールはまだまだ序盤ということになります。ですから、ナッシュタニアの動機については現在提示されている情報のみでは推察出来るまずもないだろうという結論に達しました。

それでもあえて考察するならば、私は彼女が話した「凶魔と人間が平和に暮らせる世界を願っている」は恐らく本気だろうと考えています。アドレットの村のように凶魔側から何か交換条件を持ちかけられた上での国レベルの関与も疑いましたけど、これはナッシュタニア個人の意志なのだろうと想像しています。

というのももし国家レベルの関与であれば、この段階でナッシュタニアが真実を明かすのはあまり得策ではないと考えるからです。それこそ六花の勇者本人達から、今回のような真実が話されることになればやはりピエナ王国も裏で画策しづらくなると思うのですよね。

問題はなぜナッシュタニアが現在のような考えに至ったかですが、これに関してはさっぱりです。彼女の生い立ちについての情報がもう少し明らかになると考察もしやすくなるんですけどね・・・。考えられるとしたら、例の統率者に何か吹きこまれたとか、幼い頃から凶魔と何からの関わりがあったとかでしょうか・・・。

そう言えば、魔神についての詳しいことはこの作品ではあまり語られていませんね。そもそもこれを打ち倒すために六花の勇者が結成されたわけですが、実に謎に満ちた存在であります。実は六花の勇者の中でフレミーはその魔神についてもっとも詳細な情報を持っているはずなんです。仮に二期があるとしたらその辺りついては語られることでしょう。もしかすると、ナッシュタニアもその魔神についての秘密を何か知る存在なのかもしれませんね・・・。

<最終回なのにすっきりしない・・・そして今度は八人目が・・・>

最終回を迎えたのに、また話しが振り出しに戻ったのには少々モヤモヤしました。新たな勇者が出現したことで更に謎が深まったのですから仕方がないですね。しかしもっと根源的な謎もあるのですよ。そもそも凶魔とは何なのか?彼らがなぜ人々を襲うのか?

凶魔の中には人と同等かそれ以上の知能を持った者達もいるようなので、人々を敵視するにはそれなりの理由があると思うのです。単純に領土を拡大したいだけのか?それならなぜ人との共生の道を選ばないのか?・・・まあその辺りはナッシュタニアの動機にも繋がってきそうなんですけどね。

この作品は我々に多くの情報を提示することはありませんでした。しかし、この手のファンタジー作品には「王道」がございまして、それこそ国産RPGラノベ作品などで散見されるものですけど、受け手がそれらの「型」に嵌めて見るように仕向けていたところが何とも巧妙でございましたね。

そうしたあらゆる先入観を逆手にとった展開によって大きな衝撃がもたらされました。二期があるのなら是非見たい。ですから、原作には今後も手を出さないでおこうと思います。最終回は作画も怪しかったけど、1クール十分に楽しませてもらったので満足です。

<シャーロット最終回目前考察!・・・9月23日(水)22時より一週間のアニメ感想を語るラジオ「ピッコロのらじお♪」を「ねとらじ」にて放送!!>

9月23日(水)22時から放送の「ピッコロのらじお♪」では引き続き夏アニメの感想について語り合います。Charlotte -シャーロット- 、六花の勇者、監獄学園、Classroom☆Crisis、GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり、アルスラーン戦記

当日は掲示板にて多くのアニメ好きの方達が交流を深めておられます。初めての方もどうか遠慮無くご参加ください。ラジオの聴き方等については放送当日の当ブログのトップページをご覧ください